おうちの方への個別指導

【高槻市の個別指導塾日記】やる気を出すための工夫

tsukuba-zemi 2017年7月21日 金曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

 

今回は、「勉強のやる気が出ない…。」という生徒のための、勉強の工夫を

紹介します。

 

①集中できる環境を整える

勉強モードに切り替えるために、まずは勉強の環境をきちんと整えましょう。

・部屋と、机の上を掃除する。

ただしテスト直前に突然!は現実逃避になりかねないので、常に整頓しておきましょう。

・自分に合う環境を見つける

自分の部屋だけでなく、リビングや図書館、もちろん塾の自習室でもOK。

大事なのは、「ここなら集中できる」という場の自覚なのです。

 

②集中力が切れたら切り替え

・軽く運動する

ずっと机に向かっていると、血の巡りが悪くなって集中しにくくなります。

時々ストレッチをして気分を切り替えましょう。

・スマホや漫画を触らない

何より集中を妨げる物だと知ってますよね。

○時間勉強するから、その間は預けておく、などルール制限を設けましょう。

 

そして何より、自分からやる気を出すために重要なのは「目標をたてること」です。

定期テストの点数など、大きな目標を決めて、そのためには毎日どんな小さな目標を

積み重ねればいいのか、しっかり考えてみてください。

夏休みを「勉強しておけば良かった!」と、後悔しないよう有意義に過ごしてください。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】子どもの気づき

tsukuba-zemi 2017年7月19日 水曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

 

自習室を見ていると、その顔ぶれはだいたい決まっているようです。

つまり、自習に来る子と来ない子は、ほとんど現時点では固定になっています。

自習の習慣がつけば、実力は格段に上がるはずです。子どもがやる気になるためには

どうすればよいでしょうか。

 

残念ながら、先生や親からの「勉強しなさい!」攻撃で意欲を燃やす子どもは

なかなかいません。子どもがやる気になるには、本人が勉強したい・勉強しなきゃ、と

思うきっかけが必要なのです。そのきっかけは、子ども一人ひとりによって異なり

時間がかかる場合もあります。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言をここで紹介しましょう。

「食欲がないのに食べても健康に悪いように、やる気がないのに勉強しても

記憶力が損なわれ、記憶したことは保存されない。」

やる気が出ない、とだらだら勉強していても、身につくものはありません。

まずは小さな目標から、目標に向かって努力する気持ちを持たせていきましょう。

 

 

 

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】勉強させるための2つの方法

tsukuba-zemi 2017年7月13日 木曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

 

親が「勉強しなさい!」という言葉を使っても、子どもはあまりやろうとはしません。

今回は、勉強をうながし、習慣づけるための2つの方法を紹介します。

 

一つ目は、「勉強しなさい」を言い換える。

子どもにとって親は、先生ではありません。ですから、無意識のうちに子どもは

親から勉強について言われることを嫌っているようです。

しかし、人としてあるべき行い(道徳や倫理観)は、親から言われても逆に受け入れやすく

なるものなのだそうです。なので、「勉強しなさい」ではなく

「やるべきことをやりなさい」と言い換えるのです。

勉強はしなければいけないこと、と子どもは知ってはいますから、口うるさいのは

帰って反感を買ってしまうようです。

 

二つめは、「To Doリスト」を作ること。

手帳を準備してください。お気に入りの手帳でかまいません。

そこにやるべきこと(勉強、宿題、お手伝いなど)を書き込み、終えたら赤ペンで消していく。

これだけです。自分でやるべきことを書き込み、チェックをする。これを繰り返すことで

習慣と達成感を得ることができます。

さらにやる気にさせるために、ポイント化もおすすめです。

テストで良い点を取ったらご褒美、と同じように習慣化をポイント制にすることで、

日々の予定がモチベーションにつながるのです。そして、習慣化された勉強は

必ず結果を生み出していきます。

テストの点数だけでなく、日々の勉強の「管理」を家庭でもお願いいたします。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】成績アップの3つの習慣

tsukuba-zemi 2017年7月8日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

前回の続きから、今回は遅刻癖の具体的な改善案を紹介します。

 

1.一度「しっかりと」話をする

遅刻をする子は何かと「お小言」を言われがちです。

なので内容はそのうち耳から抜けていってしまう、なんてことになっています。

ですから、一度子どもにとって影響力のある人から、時間の大切さについて

しっかりと話をしてもらう、ということが重要なのです。

 

2.親の遅刻癖を直す

実は遅刻癖は親の背中を見ているから、という場合も少なからずあるようです。

もし、家族の中に遅刻しがちな人がいる場合、そちらから先に改善してみましょう。

その姿勢を見せることで改善するパターンは多いようです。

 

3.失敗の責任をとらせる

遅刻や提出遅れの結果と、じっくりと向き合ってみましょう。

内申点は、提出物をきちんと出していれば上がっていたはずです。

遅刻をしなければ、きちんと学習していれば、テストの点数ももっとよかったはず。

そういった後悔する経験を得ることで、次は気をつけよう、と自発的に

行動できるようになるきっかけになります。

 

自発的な勉強は、成績アップの基本であり重要なポイントです。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】成績アップの3つの習慣

tsukuba-zemi 2017年7月5日 水曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

テストの成績が思うように伸びない場合、「勉強しなさい!」と口うるさく

注意しても、子どもはなかなか勉強の習慣がつかないものです。

今回は、そんな子どもの成績アップに繫がる、3つの習慣を紹介します。

 

まず重要な、その3つの習慣とは

「挨拶」「時間・期限を守る」「整理整頓」を指します。

特に重要なのが、「時間・期限を守る」こと。

塾で毎回5分ほど遅刻している、学校の提出物を遅れて出す……。

事前連絡もない場合、それは「心の怠惰」を表しているのです。

これが継続してしまうと、試験前の勉強にも影響を与えてしまいます。

なぜなら、「試験前だけ都合良く計画的に勉強できる」ということはないからです。

その結果、テストの点数が伸び悩む、と言う結果を招いてしまうのです。

それだけではなく提出物の期限遅れも、成績ダウンの要因に繫がってしまいます。

 

では、どうすれば遅刻癖が改善されるでしょうか。

次回は具体的な改善策を、いくつか紹介していきます。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】思春期にまつわるポイント④

tsukuba-zemi 2017年6月24日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

親にとって大切な「子どもと接する4つのポイント」

いよいよ最後のポイントです。

4.「笑っている親」でいること

子どもが未来に希望を持つということは、「大人になること」に魅力を感じている

ということです。そしてそのためには、親がその見本として笑顔のある生活を送っていることが

大切になります。どんな大人になりたいか、その目標となる大人として親は

言動を考えていく必要があります。

 

【ポイントリスト④】

・将来のあるべき姿を描いている。・最優先事項をわかっている。

・家族との日常的な会話がある。・家族との話し合いを行っている。

・家族を大切にしている、また家族と楽しく過ごしている。

・明るく充実した生活を送っている。

 

大人も、子どもにとっての理想でありたいですね。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

 

【おうちの方への個別指導】思春期にまつわるポイント③

tsukuba-zemi 2017年6月21日 水曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

親にとって大切な「子どもと接する4つのポイント」3つ目を紹介します。

3.子どもにとっての「社会のウィンドウになる」こと

 

子どもが社会に出るための準備として重要なことは、子どもが

「社会について関心と感覚を持つ」ことです。子どもが社会と接する機会は現在、

残念ながら少なく、教科的な知識だけを持って社会に出て行く子どもは多いです。

だからこそ、「親が子どもと社会の架け橋」になるための言動を親が取っていくことが

キーになります。

【ポイントリスト③】

・子どもへ生き甲斐や仕事の内容を話す。・ニュースなどを見て子どもと語る。

・親や先生以外の話の出来る大人がいる。・将来について話す。

・家庭内にあるルールを遵守させる。・社会規範や慣習を教える。

 

学校と異なるコミュニティを知る機会は、学習とは違う面で重要ですね。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】思春期にまつわるポイント②

tsukuba-zemi 2017年6月17日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

前回に続いて、親にとって大切な「子どもと接する4つのポイント」

その二つ目を紹介します。

2.「子どもと向き合う」こと

子どもが成長する上で大切なのは、親子間の「信頼関係」にあります。

そして信頼しあうために重要なことは、互いの意見や立場を尊重し合う関係に

なることです。子どもに発生した問題などに真摯に向き合い、会話が断絶したり

することのないよう、難局には協力し合う関係を築くための言動を考えていきましょう。

 

【ポイントリスト②】

・日常的な会話、挨拶がある。・学校生活や部活について話す。

・自分に非があれば子どもに謝る。・意見を聞かずに怒らない。

・意見が異なる場合、理由を聞く。・興味や目指しているものを応援する。

・いつでも相談に乗る。・子どもの話を「聴く」。

信頼関係の一歩として、コミュニケーションは重要ですね。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】思春期にまつわるポイント①

tsukuba-zemi 2017年6月10日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

塾に通う子は小・中学生が特に多いですが、子どもたちが思春期になると

コミュニケーションの変化が強い、とお悩みの方も多いかと思います。

今回は、親にとって大切な「子どもと接する4つのポイント」を紹介します。

 

1.「子どもの力を信じる」こと

子ども教育の目的は、「子どもが自立した社会人になる」ことです。

自立のために重要なことは「自分の力で進もうとする意志と、自分は価値のある

存在なんだという自己肯定感」です。しかし、小・中学生の子どもたちは、大人から

見ればまだまだ未熟で、つい過干渉・否定的になりがちです。

子どもが自主性と自己肯定感を持つために、それにつながる言動を

心がけてみてください。

 

【ポイントリスト①】

・褒めるべき場面で褒める。・子どもの得意なこと、長所を知っている。

・好きなこと、熱中していることを知っている。・家庭内で役割を与える。

・子ども自身の考えを聞いている。・否定しない、指図しない。

・進路を聞かずに押しつけない。・子どもの私物を勝手にさわらない。

子どもを信じていることを、態度で示すことが重要なのですね。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

【おうちの方への個別指導】入試データ解禁!その3

tsukuba-zemi 2017年5月31日 水曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

引き続き、公立入試の新選抜制度2年目の状況と、私立入試の動向についてのデータより、

「平成30年度入学者選抜方針」を掲載します。

 

まずは入学者選抜に関する重要事項について。
「自己申告書の提出」は、あらかじめ教育委員会が提示するテーマについて記載します。
「あなたは中学校などの生活(あるいはこれまでの人生)でどんな経験をし、何を学びましたか。

また、それを高等学校でどのように生かしたいと思いますか。できるだけ具体的に記述してください。」

調査書評定は、30年度以降、評定の比率が1年:2年:3年=1:1:3となります。

さらに、入試選抜の方法ですが、一般選抜は「総合点:900点満点」になります。

学力検査の成績が450点(5教科×各90点)と、調査書の評定が450点です。
こちらは9教科×5段階×各学年倍率(1年:2倍、2年:2倍、3年:6倍)の計算

学校によって5パターンの倍率の変動がありますが、およそこの計算になります。

(資料提供:(株)大阪進研)

 

いかがでしたでしょうか。

まだ先のことだから・・・と考えず、今からの意識作りのきっかけとして

このような話をしてみるのはいかがでしょうか。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール