【おうちの方への個別指導】子どもの心に伝わる「叱り方」③

enpitsukun 2013年6月1日 土曜日

子どもの心に伝わる叱り方。

2つめは

「子どもの言い分を受け止めたうえで叱る」

ということです。

 

子どもにとっては、

毎日が新しいことでいっぱいです。

おとなからすれば、

「とってはいけない」行動であっても、

話を聞いてみると、

子どもなりの考えがあって、

子どもがどのようなことを考えているかを知ることができます。

 

そこで、

「○○したかったんだね」と子どもの気持ちを受け止めたうえで、

行動について注意をされてみてはいかがでしょうか。

さらに一歩深めて、

「確かに○○したのはよくないことなんだけど、

 ○○するには他にこんな方法もあるんだよ」と、

新しいアイデアを伝えることができれば、

よりベターでしょう。

 

こうしたことを繰り返していると、

叱ることを通して、

子どもとの絆もより深まっていくのではないでしょうか。

 

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。