【高槻市の個別指導塾日記】ノートの書き方

tsukuba-zemi 2017年7月1日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

 最近、授業での様子を見ていると、ノートが乱雑な人が見受けられます。

列がずれていたり、字が読めないほど雑になっていたり、タイトルやページ数も

書いていなかったり……。

何のためにノートを書いているのか?答えをメモするだけの解答用紙ではありません!

今回は意識するだけで変わる、きれいなノートの作り方を紹介します。

 

【初級編】日付、タイトル、テキストのページ数をページの初めに書く!

ノートは自分が見直したときに役に立つ、自分専用の参考書になります。

まずは「見やすさ」を考えてみましょう。タイトルやページの記入がなければ

どこに何を書いているかわかりません。これでは使えませんよね。

基本中の基本ですが、塾では先生が黒板に毎回書いていますから、きちんと書きましょうね。

他にも列を揃えたり、問題を解く際に間隔を少し空けるとより見やすくなり、間違い直しも

しやすくなります。ノートを活用するために、意識してみましょう。

 

【中級編】五行分のスペースを確保する!

算数・数学なら筆算、素因数分解などの計算用スペース、英語なら単語のメモスペースに。

ノートの右から五行分のスペースを用意しておくととても便利です。

筆算をあちこちに書いたり、乱雑になりがちな人にお勧めです。

 

【上級編】間違いの原因をメモする!

特に数学や英語で役に立ちます。数学は「符号ミス」「計算ミス」、

英語は「つづり間違い」「文法ミス」など、なぜ自分が間違えたのかをメモしておきます。

すると、見返したときに自分の弱点が見つかるのです!

テスト直前に見直したりすると、とても効果的ですよね。

ノートは自分専用の参考書ですから、役立つノート作りを意識しましょう。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。