【おうちの方への個別指導】辞書を身近にするために④

enpitsukun 2013年7月13日 土曜日

3つめのポイントは、

“暇なときに使おう”

ということです。

 

子ども部屋に置いて、

勉強しているときに使わせようとしても、

お子さんはまず使わないでしょう。

勉強のために引くという使い方では、

辞書は面白みがありません。

 

辞書は、勉強時間以外の暇な時間に使ってみてください。

リビングルームのように

家族がリラックスできる場所で、

プリンを食べているときに

「プリンって、何語なのかな?」といった具合に、

あくまで娯楽として用いるのが理想的です。

 

まずは暇つぶしに引いてみる、

くらいから始めてみるのがよいでしょう。

 

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。