【おうちの方への個別指導】辞書を身近にするために③

enpitsukun 2013年7月6日 土曜日

2つめのポイントは

目につくところに置く

ということです。

 

辞書は子ども部屋の本棚に置くもの。

そんなイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、

どこかにしまってしまうと、

辞書を使うという意識が薄れてしまいます。

 

では、どこに置けばよいのか。

たとえば、

リビングルームのような

家族が集まる場所はいかがでしょうか。

テーブルの上に出しっ放しにしておいて、

しまわないのがポイント。

手の届くところにあれば、

日常生活の中で辞書を引くきっかけにもなります。

何かと手持ち無沙汰になりがちな

トイレに置くというのもいいかもしれません。

手に届くところに置くということが大切です。

 

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。