【おうちの方への個別指導】子どもの心に伝わる「叱り方」②

enpitsukun 2013年5月25日 土曜日

子どもの心に伝わる叱り方。

1つめは

「してはいけないことをいくつか決めておく」

ということです。

 

親としては、

子どもにいろいろなことができるようになってほしいものですが、

子どもは一度にたくさんのことを言われても、

混乱してしまいます。

それに、注意をしすぎると、

「また、何か言ってるなあ…」といった具合に、

叱り言葉がうまく働かなくなります。

 

そこで、

多少の細かいことには目をつぶって、

あらかじめ決めておいた

「してはいけない」行動をとったときに叱るとよいでしょう。

そうすると、

子どもにも何をしてはいけないのかが伝わりやすいと思います。

 

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。