【おうちの方への個別指導】子どもの心に伝わる「叱り方」①

enpitsukun 2013年5月19日 日曜日

これまで「ほめ方」について

3回にわたって見てきましたが、

やはり「叱る」ことも、ときには必要です。

もちろん、「3つ叱って7つほめよ」と言われるように、

叱るよりもたくさんほめたほうがいいでしょう。

しかし、叱ることには

 ・子どもに自分の行動を反省させる

 ・社会のルールを学ばせる

といった大切な意味もあり、

子どもを社会に適応させるための方法であるともいえます。

 

とはいうものの、

叱り方ってなかなか難しいものですよね。

場合によっては子どもが反発や失望したり、

親子関係がぎくしゃくすることさえあります。

では、どのように叱れば子どもの心に伝わるのか?

次回から見ていくことにしましょう。

 

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。