【筑波ゼミナール先生日記】時代の流れ

enpitsukun 2013年2月13日 水曜日

 ずいぶん日にちは経ってしまいましたが、以前した生徒との話のことです。

 

ガスバーナーの使い方の問題で、どっち回しが閉まるんだっけ?

という話をしていたところから始まりました。

生徒が自分で、「ペットボトルと同じだったはず!」と思い出していましたが、

先生は、「基本的にはしめるのは右回し」だと説明しました。

「ネジだって締めるときはドライバーを右に回すし、蛇口も右に回すと止まるでしょ??」と。

すると、それを聞いていたもう一人の生徒が、「蛇口って回す??」と言い出したのです!

 

よくよく考えると、今って公衆では自動だったり、

家ではレバーを上下に動かすタイプですもんね。

こんなところで時代の流れを感じてしまったのでした

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。