【高槻市の個別指導塾日記】対応と対策

tsukuba-zemi 2020年4月11日 土曜日

筑波ゼミナールはっとりです。

新型コロナウイルスに関して、様々な情報がテレビから、スマホから、色んな所から入ってきます。

なかには人々の不安や怒りを煽るような情報もあり、落ち着かない日々が続いているかと思います。

そのような環境はストレスにつながり、ストレスは免疫力の低下につながることもありますから、

できるだけ心穏やかに、過ごしていただきたいと思います。

 

今回は、現在の塾の対応について紹介します。

現在、塾では「通常授業の安全の徹底」と「オンライン授業の導入」の2つについて、

話し合いをしながら少しずつ進めている状態です。

時間割を昼の時間帯まで拡大し、人が集まりすぎないよう分散できるような試みや、

教室の拡張による安全な距離の確保。

また、オンライン授業についても現在はお試し授業を導入し、塾生には実際にスマホやタブレットを用いた

授業を体験してもらっています。

 

今後は、「オンライン自習室」という試みをスタートさせ、

塾生や外部の学生の皆さんにも、学習の場を提供していけたらと検討しているところです。

 

今後、国や自治体からの指示がどのように変化するか。

それによる塾の対応も、どのように変わっていくのか。

まだまだ不明瞭なところが多いですが、一つずつ慎重に決定していきたいと考えています。

このような状態のため、お問い合わせにつきましても、お時間をいただいたりすることがございますが、

ご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

学年・科目・学力別1:4の少数クラス指導塾 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。