【おうちのかたへの個別指導】動画の落とし穴

tsukuba-zemi 2020年3月14日 土曜日

筑波ゼミナールはっとりです。

最近You Tubeで、この動画が面白いとか、これがオススメとか、そういった話を聞きます。

面白いものは大いに楽しんでもらいたいのですが、一方でこんなニュースも聞きました。

 

読解力が弱くなり、マンガも読むことができない、という話。

活字が読めない=読解力が弱い、というのはイメージしやすいと思います。

ただ、それよりも今、さらに深刻なことがマンガすら読めない、という子供がいること。

マンガは絵を追うだけの楽しい娯楽、というイメージだったのですが、

その近くにあるセリフや、モノローグの文字すら追えなくて、マンガのコマを順に追って楽しめない

ということがあるそうです。

 

そんな子供たちが楽しんでいるものが、YouTubeなどの「動画」なのです。

考えてみれば文字すら追わずに眺めているだけで楽しめるので、文字を追う力がさらに弱くなるのは

必然なのかもしれません。

ゲームを楽しむために読んでいた攻略本なども、今では動画に代わって、読まれなくなっているそうです。

無料で楽しめることもあるので、なおさらかもしれません。

 

娯楽は大切ですが、上手くつき合っていくことが必要ですね。

学年・科目・学力別1:4の少数クラス指導塾 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。