【おうちのかたへの個別指導】心理学の話

tsukuba-zemi 2019年2月23日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

この時期、新学年に向けて面談会が塾では行われています。

中3生は公立入試について話をしていますね。今回は私が担当した面談の中で出てきた話題について、

少しお話をしたいと思います。

 

小6生の保護者の方と面談を行いましたが、勉強に対して「面倒くさい」が口癖になっている、

との話を聞きました。

小学校の中~高学年の頃は「児童期」と呼ばれ、エリクソンによれば

「勤勉性 対 劣等感」という、気持ちの揺らぎが起こりやすいそうです。

 

簡単に言えば、知識欲旺盛な時期なので学習に勤勉に取り組みたいのに、

すべての学習において完璧はありえないために、その不完全さに劣等感を持ちやすい、

という状況のようです。

 

つまり「面倒くさい」という口癖は、勉強は「できない」のではなくて「しない」だけ、と

予防線を張っている状況だととることができるのです。

(もちろん勉強を嫌がっている、遊びを優先したい、といった気持ちもあるかもしれませんが)

 

勉強を遠ざけようとする理由がわかれば、アプローチの仕方も考えることができます。

筑波ゼミナールは、生徒一人一人の学習に向き合っていきたいと考えています。

 

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。