【おうちのかたへの個別指導】途中式を書くと点数があがる

tsukuba-zemi 2018年5月1日 火曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

算数・数学が苦手で、思うように点数が取れない生徒はどの学年にもいます。

そして、算数・数学が苦手な生徒には共通点があります。

それは「途中式や筆算をさぼる」ことです。

 

人が頭で一度に覚えられるのは「4±1のかたまり」といわれています。

例えば電話番号などが090-1234-5678のように区切られているのも、

ハイフンがなければ認識しづらいからです。

 

ただの数字を覚えるだけでも難しいのに、そこに計算を加えると?

 

頭の中で計算をするためには、当然計算するための数字を覚えたまま行います。

ですが上記の通り、人はすぐに忘れます。意味を持たない数字の計算ならなおさらです。

だからミスが起こるのです。

 

だから途中式を書くのです。

数学のできる人のノートは、丁寧に途中式が書かれています。

(たまに書かなくてもできる人がいますが、こちらは「書く必要がないほど計算が染みついた人」ですね。)

ノートがもったいない、と途中式や筆算を消して答えだけを残そうとする人がいますが、

それは逆効果です。

どこで計算ミスをしたのか、自分の弱点を知るためにも途中式はとても重要なのです。

新学年の数学は、計算単元から始まる学年が多いです。

ぜひ一度、数学のノートをチェックして途中式を書いているかを見てあげてください。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。