【おうちのかたへの個別指導】2020年の「大学入試共通テスト」

tsukuba-zemi 2018年3月16日 金曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

2020年からセンター試験が大きく変わる、というニュースが話題に上がっています。

具体的にどう変わるのか、どんな影響があるのかなどのお話をしていきます。

 

1.センター試験との違い

①従来のマークシート方式に加え、「記述式」解答が導入されます。

国語だけではありません。徐々にいろんな科目に記述問題が導入されるようです。

②「思考力」重視の設問が増えます。

今まで学習してきた知識だけでなく、問題文を読んで今得た情報から考えて解く、という方針になります。

2.英語は民間の「4技能型検定試験」の結果を用います。

高3のあいだに受験した、民間の英語技能試験の結果を試験の代わりに、

各大学の判断で活用されるようになります。(英検、TOEICなど)

 

大学の試験形態が変わるということは、それに応じて高校の学習指導要領も

大きく変化します。これから必要とされる力は

「知識・技能」・・・教科書内容の完全理解

「思考・判断・表現」・・・受信した情報を発信する力

「主体性・協働」・・・学習のPDCAサイクル

となっていきます。

これらを意識した学習スタイルを考えていきましょう。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。