【おうちのかたへの個別指導】やる気を下げない言葉の心得

tsukuba-zemi 2017年12月15日 金曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

子どものモチベーションに、親からの声かけは非常に重要です。

ただし叱咤激励のつもりでも、逆に子どものやる気を下げてしまう言葉があります。

今回は親からのサポートについて紹介します。

 

①転ばぬ先の杖にならない

子どもは失敗から学んでいきます。親が子どもの失敗を恐れ、心配しすぎると

かえって「失敗してはいけない」と、挑戦することさえしなくなってしまいます。

完璧を目指さず、失敗から学べる事も含めて見守ってあげてください。

②「なんでできないの?」は禁句

なんで成績が上がらないの?何で勉強しないの?はNG。最もやる気を下げてしまいます。

行動を否定するのではなく、たとえばどこまでできたの?のように肯定的に声かけをして

かつ、内容が同じでも、してほしくないことより、してほしいことを伝えてあげてください。

③とにかく話を聞く

子どもにも言い分があります。それを聞かずに状況判断だけすると、ちゃんと

見てくれていない、と子どもは心を閉ざしてしまいます。

不安ややる気が出ないこと、子どもなりの言い分を

まずはきちんと受け止めてあげてください。その上で、納得する声かけをすることで気持ちが

前向きになると思います。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。