【高槻市の個別指導塾日記】ノートの使い方②

tsukuba-zemi 2017年12月8日 金曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

前回に続いて、今回は復習に効果的なノートの作り方を紹介します。

 

①丁寧な字で書くこと

綺麗な文字、ではなく丁寧に書くことが重要です。列からはみ出ない、列をそろえるなど

それだけで見やすくなります。あとは行間や文字間のスペースが適度にあると、より

見やすくなります。

②色を分けて使う

先生が色チョークを使ったところは特に重要なので、黒以外の色で書くと大事な

ポイントがわかりやすくなります。赤と青の2色のペンを使い分けるとわかりやすいです。

③問題を解く時、間違えた理由をメモする

数学の場合、計算ミスや符号ミスなどといった、ケアレスミスで間違えたものには

「☆」、解き方がわからずつまずいた問題には「!」など、自己流の目印をつけましょう。

そうすると、どの単元が苦手か分かるだけでなく、どんなミスをしやすいのかまで

見ることができます。それをテスト前に見直すことで、どこに注意すれば

いいのかがわかるようになります。

自分なりのコメントで、ポイントをまとめられるとより効果的です。

 

普段のノートを書くことでも、できる勉強法があります。

ぜひ、実践してみてください。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。