【高槻市の個別指導塾日記】ノートの使い方①

tsukuba-zemi 2017年12月2日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

時々、ノートの使い方が「もったいないな」と感じる生徒を見かけます。

字が乱雑で読みにくいのならともかく、列が揃わなかったり、あちこちに

問題を書くために見直しがしにくかったり、問題を解くためだけに使っていたり。

これでは残念ながら、力がつきにくいです。

今回はノートを書く意義と、勉強に役立つ使い方を紹介します。

 

そもそも、ノートをなぜ書かないといけないのか。

先生が書けと言うから?では先生はどうしてノートを書くように言うのでしょう。

それは「勉強の役に立てるため」です。

教科書には大事なことがたくさん書かれています。先生は授業ごとに

特に重要な内容をわかりやすくまとめています。

忘れた時にノートを見返して「先生がこう言ってた」「こうやって解くんだった」と、

思い出すためにノートが必要なのです。

 

つまり、ノートは「後から見直したとき、見やすく書くこと」が重要なのです。

問題を解くためだけの紙なら、いらないプリントの裏で十分です。

ノートのあちこちに書いたり、問題番号やページ、タイトルが書かれていないと、

見直してもわかりにくいですよね。

丁寧に書くことで、復習がしやすくなる「自分専用の参考書」がノートなのです。

次回は、復習がしやすいノート作りのポイントを紹介します。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。