【高槻市の個別指導塾日記】単語の暗記について②

tsukuba-zemi 2017年10月27日 金曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

前回の続きです。

「インプット」と「アウトプット」を組み合わせた勉強法の例を紹介していきます。

内容自体はとても単純です。

①(インプット)英単語を見る→日本語の意味を頭の中で繰り返す。

市販の単語帳や、学校の物で構いません。複数の意味が載っているものは全部覚えようとしてください。

②(アウトプット)日本語を隠して英単語を見る→日本語の意味を言ってみる。

全て言えたら次の単語へ。言えなかった場合、もう一度確認して②を繰り返す。

当然時間のかかる作業なので、○個覚える!より○分頑張る!としていきましょう。

③確認テストをする

一通り終わったら、本当に覚えているのか全ての単語をおさらいしてみましょう。

このとき、覚えていなかった単語はピックアップしておいてください。

次の日にも確認テストをします。人は一日経てば74%は忘れるんですから、当然ですよね。

これを、できれば1ヶ月後にも同じ範囲を復習してください。

おそらく7,8割近くは忘れているのでまた丁寧に復習してください。

その時、もう一度インプットし直してもOKです。

 

さて、英単語を覚えられないと言っている皆さん。

ここまでのことができていますか?おそらくここまでやれば、

できないという人はいないと思います。英単語の暗記は、骨の折れる作業です。

ですが、だからこそ苦労しているのはみんな同じなのです。得意、苦手ではありません。

能力の問題でもありません。

こんなのできない!は、甘えです。何もやらずに成績が伸びる方法はありません。

これを続けるためには知識が増えることを楽しむことです。

暗記しなきゃいけない、楽しくないけどテストのためにやらないと、と

モチベーションを下げる言葉は避け、「次のテストで○点とる!」と目標を掲げて

やってみましょう。

何事も、継続は力なり、です。

 

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。