【おうちの方への個別指導】勉強させるための2つの方法

tsukuba-zemi 2017年7月13日 木曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

 

親が「勉強しなさい!」という言葉を使っても、子どもはあまりやろうとはしません。

今回は、勉強をうながし、習慣づけるための2つの方法を紹介します。

 

一つ目は、「勉強しなさい」を言い換える。

子どもにとって親は、先生ではありません。ですから、無意識のうちに子どもは

親から勉強について言われることを嫌っているようです。

しかし、人としてあるべき行い(道徳や倫理観)は、親から言われても逆に受け入れやすく

なるものなのだそうです。なので、「勉強しなさい」ではなく

「やるべきことをやりなさい」と言い換えるのです。

勉強はしなければいけないこと、と子どもは知ってはいますから、口うるさいのは

帰って反感を買ってしまうようです。

 

二つめは、「To Doリスト」を作ること。

手帳を準備してください。お気に入りの手帳でかまいません。

そこにやるべきこと(勉強、宿題、お手伝いなど)を書き込み、終えたら赤ペンで消していく。

これだけです。自分でやるべきことを書き込み、チェックをする。これを繰り返すことで

習慣と達成感を得ることができます。

さらにやる気にさせるために、ポイント化もおすすめです。

テストで良い点を取ったらご褒美、と同じように習慣化をポイント制にすることで、

日々の予定がモチベーションにつながるのです。そして、習慣化された勉強は

必ず結果を生み出していきます。

テストの点数だけでなく、日々の勉強の「管理」を家庭でもお願いいたします。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。