【おうちの方への個別指導】成績アップの3つの習慣

tsukuba-zemi 2017年7月8日 土曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

前回の続きから、今回は遅刻癖の具体的な改善案を紹介します。

 

1.一度「しっかりと」話をする

遅刻をする子は何かと「お小言」を言われがちです。

なので内容はそのうち耳から抜けていってしまう、なんてことになっています。

ですから、一度子どもにとって影響力のある人から、時間の大切さについて

しっかりと話をしてもらう、ということが重要なのです。

 

2.親の遅刻癖を直す

実は遅刻癖は親の背中を見ているから、という場合も少なからずあるようです。

もし、家族の中に遅刻しがちな人がいる場合、そちらから先に改善してみましょう。

その姿勢を見せることで改善するパターンは多いようです。

 

3.失敗の責任をとらせる

遅刻や提出遅れの結果と、じっくりと向き合ってみましょう。

内申点は、提出物をきちんと出していれば上がっていたはずです。

遅刻をしなければ、きちんと学習していれば、テストの点数ももっとよかったはず。

そういった後悔する経験を得ることで、次は気をつけよう、と自発的に

行動できるようになるきっかけになります。

 

自発的な勉強は、成績アップの基本であり重要なポイントです。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。