【おうちの方への個別指導】入試データ解禁!その3

tsukuba-zemi 2017年5月31日 水曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

引き続き、公立入試の新選抜制度2年目の状況と、私立入試の動向についてのデータより、

「平成30年度入学者選抜方針」を掲載します。

 

まずは入学者選抜に関する重要事項について。
「自己申告書の提出」は、あらかじめ教育委員会が提示するテーマについて記載します。
「あなたは中学校などの生活(あるいはこれまでの人生)でどんな経験をし、何を学びましたか。

また、それを高等学校でどのように生かしたいと思いますか。できるだけ具体的に記述してください。」

調査書評定は、30年度以降、評定の比率が1年:2年:3年=1:1:3となります。

さらに、入試選抜の方法ですが、一般選抜は「総合点:900点満点」になります。

学力検査の成績が450点(5教科×各90点)と、調査書の評定が450点です。
こちらは9教科×5段階×各学年倍率(1年:2倍、2年:2倍、3年:6倍)の計算

学校によって5パターンの倍率の変動がありますが、およそこの計算になります。

(資料提供:(株)大阪進研)

 

いかがでしたでしょうか。

まだ先のことだから・・・と考えず、今からの意識作りのきっかけとして

このような話をしてみるのはいかがでしょうか。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。