【筑波ゼミナール先生日記】星の話

enpitsukun 2012年12月7日 金曜日

 前回の月に引き続き天体のお話を。

夜、空を見上げると星が輝いていますね!

でも昼間は空に星は見えません。

なので、星は昼には出でいないと思っている生徒さんもいるのではないでしょうか??

太陽と逆で、夜に出て朝沈むと思っていたり。

でも実際は、昼にも星は空に出ています!! ただ太陽が明るくて見えないだけですよ~

(都会で辺りが明るいと、暗い山で見るより、見える星が少なくなりますよね。それと同じです)

星の正体は宇宙のとても遠くにある、太陽のように自分で光る星(恒星)です。

冬の星座は冬の夜に見えるのですが、夏には昼間に空にあったりするんですよshine

 

先生は天体好きなので、まだまだ話がつながりますが、この辺で終わっておきます。

何か質問があれば、塾に来たときにでも聞いてくれていいですよ♪

冬は星がきれいに見える季節なので、興味ある方はぜひ夜空を見上げてみてくださいね☆

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。