【おうちの方への個別指導】辞書は紙の辞書か電子辞書か(2)

tsukuba-zemi 2016年3月21日 月曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールうめづです。

前回の続きです。

紙の辞書の立場についてです。

 

紙の辞書のメリットは、

①見やすい

見やすさに関しては、やはり紙の方が圧倒的に見やすいです。

一度に確認できる範囲は広いですし、重要単語は目立つように印字されています。

箇所箇所にあるイラストや図表もすぐに確認できます。

それに、基本動詞(haveやgoなど)の場合、説明に割かれるページ数は概して多いですが、

電子辞書だと延々スクロールさせなくてはなりませんが、

紙の辞書だと大まかに見渡すことができます。

②空間的に記憶できる

紙の辞書だと、忘れた辞書を何度も引いて確認するうちに、

「あの単語はあのあたりに載っていたな」とか、

「あそこにイラストが描いてあって、こういう説明があったな」とか、

辞書が頭の中に少しずつ出来上がっていく感じで、空間的に記憶することができます。

③寄り道ができる

紙の辞書の場合、何か調べるうちに、偶然別のページが目に入り、

そこに興味を覚えるうちに、別の単語にもなじむ、といった寄り道ができます。

④使い込み具合(=勉強の進度)が確認できる

忘れたら調べる、という作業を繰り返していくと、

当然紙の辞書の場合、使い傷みが発生しますね。

ですが、その傷み具合によって、いかに自分が辞書を調べてきたか、

イコール、勉強してきたかを目で確認できるのです。

辞書の使い込み具合を見れば、その人の学力がわかるとは、

昔からよく言われるところです。

 

以上のようなメリットを考えれば、

個人的にはやはり、紙の辞書の魅力は捨てがたいですね。

よって、理想としては、

まずは紙の辞書から始めて、調べるということを習慣づけた後に、

電子所書を導入し、併用してそれぞれの良さを有効活用する、

というやり方がおすすめできます。

 

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。