【おうちの方への個別指導】設問文をよく読みましょう(2)

tsukuba-zemi 2016年1月19日 火曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールうめづです。

 

冬期講習会最終日に行われた、確認テストの採点をしていて

気になった点のつづきですが、

 

英語のテストでは、

文のはじめが大文字で始まっていなかったり、

ピリオド、クェスチョンマークが抜けていたりと、

文を書くときのルールがおろそかになっているケースが見られました。

これは、普段から、英文のルールを十分意識して

練習を重ねておく必要があります。

 

また、

「記号で答えなさい」と指示されているところを、

選択した英単語をそのまま書いてしまっているケースが見られました。

これは、前回にも指摘したように、

設問文をよく確かめなかったために起こったミスです。

せっかく選んだ単語が合っていたとしても、

試験ではバツにされてしまいます。

 

テストは時間が限られていますから、

早く問題を読みたい、答えを書き込みたい、と

あせってしまう気持ちはよくわかります。

しかし、落ち着いて設問文を読むこと自体には

実はそれほど時間はかかりません。

むしろ、先に確認をしなかったがために、

後から修正する方が、よほど時間がかかってしまいます。

 

これから2月3月にかけて、

定期テスト、そして大事な入試が控えています。

ぜひ、落ち着きをもって、試験に臨むように心がけましょう。

 

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。