【おうちの方への個別指導】志望校に合格する子の夏休みの過ごし方③

enpitsukun 2013年8月17日 土曜日

今回は志望校に合格する子の夏休みの過ごし方3回目、

生活面でのお話です。

夜更かしをしたり、冷たいものを取りすぎたりと生活習慣が乱れがちです。

特に受験生はこの時期に油断しないことが合格への第一歩となります。

最低限、早寝早起きの生活リズムは崩さないようにしましょう。

 

勉強時間の割り当ては午前中は英語、数学、国語など

思考力や判断力を必要とする教科が最適です。

なぜなら、人間の脳が一番活性化するのは、朝起きてから

2~3時間とされているからです。

 

午後は理科や社会などの暗記科目の勉強時間に最適です。

しかし、お昼ご飯を食べた後で、眠たくなるかもしれませんが、

そんな時は10~15分程度の軽いお昼寝をすると心と体がリフレッシュされますよ。

 

寝る前は単語や年号などの暗記が効果的です。

夜遅くまで勉強しても、あまり効果がなく、

生活リズムの乱れにつながるので無理のない量にしましょう。

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。