【おうちの方への個別指導】辞書を身近にするために②

enpitsukun 2013年6月30日 日曜日

1つめのポイントは、

親子で一緒に買いに行こう

ということです。

 

最初の辞書は新しいものがいいでしょう。

なぜならば、言葉は生き物。

古い辞書は言葉の説明が古く感じられ、

お子さんにはピンとこないという場合が多いのです。

そうすると、

お子さんが辞書から遠ざかってしまう原因にもなりかねません。

 

最近の辞書は編集に工夫が凝らされ、

ビジュアル面でも楽しいものが増えています。

3万語程度の言葉が収録されているものであれば、

説明の仕方や開いたときの印象で決めてかまいません。

お子さんの意見を第一に、

ご両親はそのあたりのことを意識していただければ、

と思います。

 

まずは自分で好きなものを選んだ、

という演出が大切です。

 

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。