得点アップ物語

十中2年 O.Yさん 英語 35点⇒59点 24点アップ

tsukuba-zemi 2020年2月28日 金曜日

O.Wさんは普段はバスケを頑張っていて、勉強への危機感も抱きつつも
「どうすればいいのかわからない」と悩んでいました。
周りの皆がドンドン高得点を取っていて、自分だけが置いていかれているような気持ちだ、との
不安の声を聴くときもありました。

 

授業ではわからないことが多く、悩むこともありましたが意欲はしっかりしていたので、

解決するまで繰り返し解説をし、納得しながら問題を解き進めていきました。

宿題でわからなくなってしまったり、習ったことを忘れていることも多く、

自習の時間がなかなかとれなかったことも心配の種ではありました。

しかし、テスト直前の週末には塾で何時間も教室にこもり自習を続けたりと、

とにかく頑張ろうという気持ちでテスト勉強に取り組んでいました。

 

納得して解けたところが多かった、英語の語順がわかった、と

授業での成果を嬉しそうに報告してくれた彼女の得点は、24点アップの59点でした。

自分でも驚いた、と嬉しそうに努力の成果を報告してくれたので、これからも頑張ってほしいと思います。

一中2年 N.Yさん 数学 48⇒73点 25点アップ

tsukuba-zemi 2020年2月28日 金曜日

N.Yさんは数学が苦手で、2年生での定期テストのは40~50点台でした。

60点を目標に、これまで頑張ってきたものの、授業では「絶対ムリ」が口癖で、

どう頑張ればいいのかわからない様子でした。

授業では、どこでつまずいているか、何が弱点なのかを確認しつつ、ひとつずつしっかり

解いていってもらいました。

すると、テストが近づくにつれて、ずっとイヤがっていた自習に来るようになったり、

彼女のなかでも大きな変化が見えるようになりました。
本当に頑張っているな、と感じられたのは、「ムリ」を言わなくなったことです。

おそらく、自分で出来るものが増えていったことが、自信につながっていったのだと思います。
その結果、2年最後のテストでは目標を大きく上回り、前回より25点アップの「73点」という

高得点を達成しました。

 

テストの結果に自信をもつことができると同時に、「ケアレスミスが多くて悔しい」との心強い言葉も

聞くことができたので、これからも彼女は成長を続けていくと思います。

六中3年 S.Kさん 5教科 231⇒344点 113点アップ

tsukuba-zemi 2019年11月2日 土曜日

S.Kさんは数学が苦手で、定期テストでは常に40点代でした。
苦手を克服するために、春休みに当塾が開催したプログラム
「定期テスト60点以上になるコース」を受講しました。
タイトルそのままのコースです(笑)

このコースは、中1からの遡行学習(総復習)をしっかりやりきることが目的で、つまずいたところを洗い出し、徹底的に演習をこなすことで「50点以上は取れない」という自分の中の諦めていた壁を崩し、やったらできるんだという自信につなげる事ができました。
その結果、今回の定期テストでは特に、数学は77点という成績をおさめ、5教科全体でも113点アップという驚きの成長につながりました。

松原小5年 K.Iさん 算数偏差値 44→55 11アップ

tsukuba-zemi 2019年10月22日 火曜日

K.Iさんは、4年生の2月に入塾しました。
それまでは塾に行ったことがなかったので、5月の実力テストははじめての模擬テストで、学校のテストのように簡単に高得点がとれないことに驚いた、と言っていました。

そのテストで以前の単元の知識が抜けていることがわかったので、通常の授業の宿題に、3・4年生の内容をプラスしていきました。
この課題を続けた成果が、この結果を導いたのだと思います。

小学生のうちに学校のテストからだけでは見えない学力を養っておくと、中学生になったときに、必ず役に立つはずです!

六中3年 木村諒汰くん 5教科 475点→487点 高得点キープ

tsukuba-zemi 2019年10月22日 火曜日

木村くんは勉強のとき、いつも「なぜそうなるのか」を追及します。
このことが彼の力の基礎を作っています。
間違えた問題は答えを確認するだけではなく、正しい解き方や考え方も確認し、それを自分の言葉で説明できるまで理解を深めます。
また、何度も復習することを大切にしています。
ふつうは、一度理解できたものでも、時間が経つと忘れてしまうものです。
なので、繰り返し反復することで、理解した知識の定着を図ります。

反復復習というと、少し手間がかかるように聞こえます。
なので木村くんは、できるだけ手をつけやすい状況を作り出します。
空き時間に今日の授業内容を思い出してみる。
寝る前に10分でも暗記事項を確認する、などです。
とにかく努力を惜しまないこと。
まず取り組むこと。そして、取り組み方を考えること。
これらが木村くんの高得点維持を支えるポイントだと思います。

金光2年 M.Fさん 数学 78点→92点 14点アップ

tsukuba-zemi 2019年10月22日 火曜日

M.Fさんはテスト前でも部活がある中、学校や塾の自習室に通って提出物や日々の復習、演習や解き直しなど、するべきことをきちんとこなしています。
学校の授業で出てきた疑問点などもそのままにせず、こまめに質問・解決しながら、勉強を進めてきました。

このように、今まで塾で学んできたことを生かした勉強法で日々努力を積み重ねてきたからこそ、92点というすばらしい結果を残すことができました。

冠中3年 I.Yくん 英語 60点→82点 22点アップ

tsukuba-zemi 2019年9月22日 日曜日

I.Yくんは普段の授業でも積極的に発言をし、勉強に意欲的です。
小テストや宿題も、きちんと集中して取り組んでいます。
テスト前の授業ではテスト対策を行なっていますが、提出物でも手を抜かず、
単語の5回書きなども隠しながら書く、など「伸びる勉強法」を実践していました。

今年から始まった、定期テスト対策講座では「6時間もやるの!?」と
驚いていましたが、いざ始まるといつもの集中力を発揮して、
しっかりとテスト範囲の課題に取り組んでいました。
これだけよく頑張ったのだから、定期テストはさぞ点数アップが期待できるな、と
話していたところ、驚異の22点アップ!82点という成績をおさめることが
できました。