【高槻市の個別指導塾日記】模試の話

tsukuba-zemi 2018年11月1日 木曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

10月末に、塾で定期的に行なわれている模試が終わりました。

およそ大体の生徒が受け終わり、先生総出でテストのチェックをしています。

それは採点ではなく、名前欄などの不備の確認です。

 

テスト開始直前や、終了5分前などに声かけをしていますが、

毎回数名の不備が見られます。特によくあるのが

・フリガナの書き忘れ、もしくはひらがなで書いている

・性別欄の未記入

・QRコードシールの貼り忘れ

などです。模試に慣れている生徒にも見られました。

今はまだ先生方のチェックがあるのですが、本番はこうはいきませんから、

必ず最後にも見直しをするようにしてくださいね。

 

それから。

仮にも、人に採点をしてもらうテストなのですから、人に見てもらうための文字を

書くよう意識してください。生徒によっては、文字が読みづらいせいで減点されそうな

解答用紙もありました。もし正解だったら、とてももったいないですよね。

模試は実力の確認だけでなく、受験本番に向けたテスト練習でもあるので、

そのような意識を持って受けてください。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。