【おうちのかたへの個別指導】成功の心理学

tsukuba-zemi 2018年9月25日 火曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

子どもによって、または科目によって得意・苦手が勉強にはあります。

苦手なことについてどう頑張って取り組んでいくかは、

子どもの気持ちによるところが大きいです。

 

「マインドセット」という言葉があります。

これはビジネス用語で、マインドセットとは、心のあり方。つまり、考え方のことです。

 

たとえば、苦手な数学のテストで、あまりよくない点数をとってしまったとき、

子どもはどんな風に考えるか。

 

①「自分には数学の素質がないんだ……」

②「自分にはまだ、数学の素質がないんだ……」

 

①の考え方は、「停滞型マインドセット」

<思考の基本>人の能力は生まれながらのもので変えられない。

・“今”の評価(賞讃)のために行動し、チャレンジするよりも、今をうまく乗り切る方法を見つける。

・自分が安心するために、人の足を引っ張り、自分より出来の悪い人間を探す。これにより自らの可能性をとめてしまう。

 

②の考え方は「成長型マインドセット」

<思考の基本>人の能力は成長していく。

・“まだ”と考えて挑戦することで、変化発展していくと考える。

・難しい問題を解く“プロセス”を楽しみ、すぐに結果が出なくても成長に感謝しながら、目標に向かう。

 

ここで見られる違いは、「まだ」の有無です。

「“まだ”できていないだけ」⇒「いつかできる」⇒

「だからやろう」⇒「では、どうやっていくか考えよう」といった流れです。

この考えが出来る人は、勉強に限らずどんどん成長していきます。

子どもに対しても、そう信じさせることでよりよい成長が期待できると思います。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。