【高槻市の個別指導塾日記】学ぶの語源

tsukuba-zemi 2017年9月13日 水曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールはっとりです。

学ぶ、と言う言葉の語源を知っていますか。

元々は「まねぶ」と同源で、つまりは「真似る」と同じ語源なのです。

どちらも同じ時代に見られる言葉で、その前後関係はわかっていません。

 

「まなぶ」は、教えを受けたり学問をする意味で多く用いられます。

「まねぶ」は、「まなぶ」より学問をする意味は薄く、模倣する、という

意味で用いられることが多いです。

しかし、語源が同じと言うことは、根本的なことは同じなのです。

先生の真似をして、問題を解くように

プロの真似をして、練習をするように

新しい知識や技術を身につけることは、「見習う」ことが重要なのです。

 

何をしたらいいかわからない、と悩んでしまう前に。

自分ひとりの力では頑張れません。

塾でみんなと一緒に頑張っていきましょう。

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

 

コメントは受け付けていません。