【筑波ゼミナール先生日記】魚の話の私の話①目標達成だぜぃ

tai 2012年12月5日 水曜日

今回はさかな先生の個人的なお話です。

ちょっと時間が経ってしまったので興奮度はダウンしてしまったのですが、

ワタクシ、さかなは11月25日大阪マラソンで、サブ4達成!!←サブ4とはフルマラソン4時間切りのこと

 

スタート前にGPSウォッチの電源を入れようとしたら、無反応…shock まさかの時計なしで走るというストレスフルな状態でのレースだったので、ほんとつらかったーweep ハーフを超えたあたりから、しんどさのあまり、なんとかして「もっともな理由をつけての棄権」を考え始め、うまくこけたら痛くなく棄権できるかなぁ…とかなんとか…

 

でも、さかな先生は踏みとどまったよ~scissors ていうか、やめられない理由があったのです。

それは、高3のロビンちゃんとあまのじゃくちゃんとの約束。「二人のためにがんばってくるわ!!」

本当は二人の<ために>ではないのですけどねbleah

 

高3の生徒に限らず受験の生徒は、方法はいろいろでしょうが、一生懸命、毎日まいにち、がんばって勉強しています。それ以外の生徒もみんな(たぶん、みんな)、自分でも勉強するだろうし、いろんな先生たちから課題を与えられて、その約束を守って宿題やら勉強やらをしています。

 

じゃあ、先生は? 何をがんばっている?

 

生徒に「あれをしろ」「これをしろ」「なんでしないんや」って言いながら、自分は何かをがんばっているのかなぁ? 逃げたくなるくらいつらいことにちゃんと向かい合っているのかなぁ?

生徒はほんとに「がんばって」いない人に、「ちゃんとしろ」やらエラそうに言われて納得して聞けるのかな?ってさかな先生は思ったわけよ。だから生徒に約束した、「4時間切ってくるでー」って。

しんどかったけど、がんばってよかったよ。走り終わって感動したもん。

しかも、これでこれからも堂々と生徒にエラそうに言えるぜぃsmile

 

さぁ、期待しといてやーshineウチの生徒たちnotes心置きなくしごいてやるからな~dash

 

高槻の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。