【おうちの方への個別指導】文章に触れることの大切さについて

tsukuba-zemi 2015年12月4日 金曜日

超・個別指導で定期テストを20点UP保証の筑波ゼミナールうめづです。

 

先日の【個別指導塾日記】で、読書について書きましたが、

なぜ高校生の時に『こころ』を読むことになったかについて少しお話を。

 

当時、英語で伸び悩んでいたとき、通っていた塾の先生から

英語が伸びない理由は国語力不足にあると指摘されました。

 

というのも、例えば高校英語の長文問題に苦労しているとして、

英語長文の和訳をいきなり読んで、日本語の文としてしっかり内容理解できるかと。

大学入試の長文問題は中身も結構深いので、その内容を、

まず日本語で読んで理解できるかどうか、

もしできなければその英文を理解するのは到底無理だ、

というわけなのです。

 

それで、試しに日本語訳を読んでみると、

自分の理解があやふやなのがわかり、

日本語の文章を読むことに慣れなくてはいけないと考え、

その試みとして、『こころ』などの小説を読み始めたのです。

 

というわけで、(特に高校に入ってから)英語力を高めるためには

国語力が不可欠になのです。

なので、できるだけ早いうちから、

日本語の文章読解に慣れておくようにしましょう。

 

高槻市の個別指導塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。