【高槻市の個別指導塾日記】マレーシア人の留学生

tsukuba-zemi 2014年12月20日 土曜日

皆さん、こんにちは。

先日、マレーシア人の友達と話をしていました。彼は、日本の某国立大学の物理系の学部に

通っている4回生です。そして来年の4月からは、他の日本の某国立大学の大学院に通う事

が決まっています。その彼が、「僕は、奨学金をもらっているけど、どこからお金をもらっているか

知っている?」と私に聞きました。彼は留学生なので、私は勝手にマレーシアの政府から

奨学金をもらっているのかなあと思いました。なので「マレーシアの政府から?」と彼に答えました。

彼はこう答えました「あなたたち日本人の税金からもらっていますよ。」と。私は正直びっくりしました。

彼の奨学金は、日本の“文部科学省”から出ているそうです。確かにかしこい大学に通っているので、

それは当然のことかな?と思いましたが、その価格にもう一つびっくりしました。大学生の間は、

勉学にかかった分&生活費が月14万円もらえるそうです。また次大学院に行くと、勉学にかかった分&

生活費が月18万円もらえるそうです。日本人に使われているのはいいのですが、なぜか留学生に

私たちの税金が使われているのは変な感じがしました。その日本の税金(奨学金)を受取っているマレーシア人

の友人に伝えました「将来、絶対日本のために働いて下さい!」と念を押して伝えました。がどうも、

彼は日本の国立の大学院に行った後、アメリカかイギリスの大学で研究をしたいでそうですが・・・・

皆さん、他の国の人に負けずしっかり勉強して、日本のためになることを将来成し遂げてください。

 Toshi

 

高槻市の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。