【おうちの方への個別指導】あいさつすると気持ちいい

tai 2014年4月26日 土曜日

今日、塾に来るのにバスに乗ってきたのですが、大学生の若者が、

「おばちゃん、座る?」と席をゆずっていました。

普通はそれで終わりなのですが、おばちゃんと大学生はしばらーく楽しそうに会話をしていました。

他愛もない話ではあるけれど、近所で知り合いかのように思える会話でした。

こういう社交性、今の子どもたちにはかけている気がするのです。

同じバスで、サッカーチームの3人の小学生のうちの1人が、ちゃんと座らず動き回っていて、

「あっちに行きたいん?」と前にいたおねえちゃんが優しく言ったら「……」

じろっと見て何も言わず。怒ってるんちゃうねんからなんか言いや~。

塾でも生徒は2種類。知らない先生にも自分からあいさつできる子、言われても言い返さない子。

学校ではないので無理にあいさつさせたいわけではありませんが、

<印象が違う>ということを覚えておいていただけたらなぁと思います。

人見知りだから…とか理由はいろいろあるでしょうが、

他人には<いい印象>を持っておいてもらった方がまちがいなく得をします。

いい印象の人に対しては相手は「何かしてあげよう」と言う気持ちを持ちやすいからです。

「あいさつしなさい」と言っても素直には聞いてもらえないかもしれませんが、

「あいさつした方が得するからした方がいいよ」だったら、

「なんやそれ~」とか言いつつ頭の隅に残りそうではないですか?ちょっと無理やり?

でも、あいさつはする方がいいことですからね、ぜひみんなできるようになってほしいものです。

それにあいさつって、した本人も気持ちいいものですよね

 

高槻市の個別指導の塾なら 筑波ゼミナール

コメントは受け付けていません。